小金井にあるWEB制作会社の備忘録

MEMORANDUM

PHPの「pathinfo」関数を使ってファイル情報(拡張子、ファイル名)を取得

バリデーションチェックで添付されたファイル情報を取得する際に、便利な「pathinfo」関数の使い方をメモ。

PHP

pathinfo('ファイル名、またはURL')

例)
$info = pathinfo('https://web.syu-u.com/sample/sample.php');
print_r($info);

結果)
Array (
	[dirname] => https://web.syu-u.com/sample
	[basename] => sample.php
	[extension] => php
	[filename] => sample
)
キー名内容
dirnameファイル名を除くディレクトリパス
basenameディレクトリパスを除くファイル名
extension引数で指定したファイル名の拡張子
filename引数で指定したファイル名の拡張子を除いたファイル名

sample

//動画ファイルをアップロードする際のバリデーション例(mp4)
if(!empty($_FILES['file']['name'])){
	$info = pathinfo($_FILES['file']['name']);
	$extension = $info['extension'];
	if($extension == 'mp4' || $extension == 'MP4'){
		//次の処理
	}else{
		exit();
	}
}