小金井にあるWEB制作会社の備忘録

MEMORANDUM

PHPでクッキー($_COOKIE)を使用する

ログインキーなど一時的なデータの保存にはセッション($_SESSION)を使うことが多いのだけれれど、広告コードのような長期間参照元データが保持できるシステムを開発した際にはクッキー($_COOKIE)が便利だったので使用方法をメモ。

クッキーの保存

PHP

setcookie(クッキー名, 保存したい値, 有効期限);

クッキーを使用するには、まず、クッキーを保存することが必要。
上記関数で「保存したい値」を指定のクッキー(クッキー名)に保存。
有効期限はタイムスタンプで指定。
例えば、下記では有効期限を60日後にしています。

setcookie('agency_code', 'getcode', time()+60*60*24*60);

クッキーの取得

PHP

$_COOKIE[クッキー名]

クッキーの削除

PHP

setcookie(クッキー名 , '', time()-100);

クッキーの削除も「setcookie」を使用。
保存時と違うのは有効期限を現在より前に設定すること。